タイ古式マッサージとは?

微笑みの国タイで行われているタイ古式マッサージ。

そのルーツは約2500年もさかのぼり、創始者はインドのシヴァカ・クマール・パッカという名の僧侶で、タイの人々の間では「ルーシー」と呼ばれ今でも尊敬され深く愛されています。

ルーシーがタイに医学を伝えたのは仏教が伝えられたのとほぼ同時期ですが、その後タイの医学は数千年をかけて医師やおもに寺院で口頭により受け継がれてきました。

 

タイ古式マッサージは『セン』という考えのもとに成り立っています。

『セン』には生命維持に必要なエネルギー『プラナ』が流れています。

『セン』の流れに障害や不調和が生じたときに心身に悪影響を及ぼしてしまうと考えられ、タイ古式マッサージによって『セン』の流れをスムーズにし、バランスを取ることを目的に行われます。

 

『セン』は身体に72,000本あり、その中の10本が全ての『セン』の基礎となります。

インドのヨガの流れを汲んだストレッチは、身体全体に影響し柔軟性を高め『セン』及びポイントに働きかけるものです。

身体を循環するエネルギーのラインをゆったりとした心地よいリズムで刺激することで、単なるリラクゼーションだけではなく自律神経のバランスを整え血行を良くし、免疫力を高めて活性化させるのに役立ちます。

 

エネルギーラインの中でも特に重要とされる10本の『セン』のうち6本が脚に集中しているため、特に脚を集中的にマッサージすることがタイ古式マッサージの特徴だといえます。

 

その場しのぎの部分的なマッサージとは違い全身のエネルギーの流れを促進するため、血流を促し自律神経を調整するため現代病といわれるストレスや全身のだるさ、肩こり、脚のむくみ、目の疲れ等に有効とされています。

 

タイ古式マッサージは『受け身のヨガ』『二人でやるヨガ』『怠け者のヨガ』といわれることがありますが、それはセラピストがヨガのお手伝いをするような施術方法から、そう表現されています。

全身を使って、やわらかく身体を整え深いリラクゼーションに包まれていく心地よさをぜひ体験してください。

詳しい料金などはこちらをご覧ください≫